幼児教育情報の記事一覧

幼児の体操教室

幼児教育の種類の中に、体操教室というものがあります。「私たちが子供の頃は、そんな幼児の体操教室なんてものはなかった」という大人も多いかもしれません。「教室」といえば昔は、数学や英語など「お勉強」に関するものが主流だったと思います。
体操教室は、幼児が文字通り体操する教室ですが、まずは遊びながら体力をつけていろいろな運動をするというメニューが多いようです。幼児の体操教室で学ぶことの例としては、マット運動・鉄棒・跳び箱・縄跳び・フラフープ等があるようです。
子供といえば、「外で体を動かして遊ぶのが大好きなもの」というイメージが大人にはありますが、必ずしも現代はそうではなく、運動が嫌いで外で遊ばないという幼児も増えています。これは昨今の、幼児を狙った犯罪の多発などで、親が安心して子供を外で遊ばせることができない実態や、テレビゲームなど運動せずに家の中で遊べるおもちゃが増えてきた等の社会変化によるものといえます。
幼児の体操教室は、こうした社会変化からくる要請もあり、親から注目されています。子供がどんな人生を歩むにしても、体力や運動神経はあるにこしたことはありません。また子供の頃の運動量で、身体や臓器の成長が左右される部分もあります。子供の頃ほどんど運動しなかったため、大人になっても心臓の大きさは子供サイズで成長しなかったというケースもあります。
また、最近は子供とどう遊んでいいかわからないと悩む親も多く、幼児の体操教室には、そういった親の不安をほぐす役割もあるようです。
幼児の体操教室では、専門のインストラクターが丁寧に指導していくので、参加した幼児は楽しみながら、さまざまな運動にチャレンジして、体力や運動神経を養っていきます。


幼児向け通信教育の教材

幼児教育は親にとって大きな関心事です。「まずは家庭で手軽にできる通信教育から」と、幼児向け通信教育に興味を持つ方もいると思います。
幼児教育の基本は、子供と一緒に楽しめることです。子供にとって親が一緒に遊んでくれることは、最もうれしく安心できることです。幼児向け通信教育の教材を利用する際は、まず良好な親子関係を築くことが大前提で、その条件が満たされて、教材は初めて役立つ補助的なものという風に捉えましょう。
幼児向けの通信教育プログラムは、各社から様々な教材が出されています。大人の通信教育と異なり、お勉強というよりは遊びの要素が強く、「楽しく体験して学ぶ」というところに主眼が置かれています。
幼児の通信教育は、毎月(一回)の価格がリーズナブルなものが多く、毎月定期的に送られてくる教材を親子で待つという楽しみもあります。どの通信教育にするかを選ぶ際は、途中で定期購読をやめた時の扱いや、「全部買ったらどれくらいになるのか」などをきちんと確認しましょう。
幼児向け通信教育教材を扱っている会社から出ている商品の例としては、次のようなものがあります。
ベネッセ:こどもチャレンジ
学研:はなまるキッズ
小学館:ドラゼミ
旺文社:まいにちがたからもの
がんばる舎:すてっぷ
いちぶんのいち:いちぶんのいち
七田式教育研究所 主婦の友ダイレクト:七田式はっぴぃたいむ
全日本家庭教育研究会 ポピー:ポピッこドリるん
日本標準:ぴぴっと
どの幼児向け通信教育もそれなりに低価格ですし、それぞれの教材に特徴があります。また「お試し」ができる通信教育もありますので、実際に教材を手にして内容を確認するとよいでしょう。

幼児向け音楽教室

幼児教育は数多くありますが、その一つに「幼児向け音楽教室」というものがあります。音楽は、人の心を豊かにする力をもっています。幼児教育の中でも幼児向けの音楽教室は、幼児の情操教育という点では効果があるでしょう。人の音感がもっとも発達するのは4歳〜5歳くらいといわれています。そのため、「ピアノなどの楽器を習うのは、幼児期から始めないと遅い」とまでいわれています。
子供たちは幼児向け音楽教室で音楽に触れることを通して、聴き、歌い、感じ、踊るなど、のびのびと心を表現し、自然に豊かな心を形成していくことができます。
音楽が「音を楽しむ」と書くように、子供たちが音楽を楽しめることが一番です。音を楽しむことで、子供たちの感性はいっそう磨かれていきます。
幼児の音楽教室では、まずさまざまな音楽をたくさん聴くことから始まります。音楽は「聴く」ことから始まるといわれ、幼児期にどれだけ多くの音楽を聴いたかで、その人が将来音楽家になれるかどうか決まるともいわれます。
幼児向け音楽教室は、幼児をそこに通わせるだけではなく、親も一緒に参加できるとよりいっそう効果的だと思います。親が一緒に音楽教室に参加したり、見にきてくれたりすることは、子供にとって非常に安心できて嬉しいことでしょう。
メロディにのった歌詞というのは歌いやすく覚えやすいものです。幼児向け音楽教室で、童謡などをたくさん歌ったりすることは、日本語をたくさん覚えるよい機会ともなります。また、童謡には季節感のあるものも多く、豊かな情緒を同時に養うこともできるでしょう。

英語の幼児教育

幼児教育は、少子化の現代では、親たちにとってはとても高い関心事となっています。幼児の英語教育については、「幼児のうちから英語を覚えさせたい」という意見のご家庭が多いです。
幼児のうちから英語教育が必要と主張する主な理由としては、
「英語の発音は小さい時に身につけさせた方がよい」
「これからの国際社会を生きるには英語が必須」
「自分が英語の勉強で苦労したから子供には苦労させたくない」
などといったものがあります。
一方で「幼児の英語教育は必要ない」という意見の理由としては、
「しっかりした日本語をまずは話せるようにならないと真の国際人になれない」
「友達と遊ぶなど他に大切なことがある」
などが挙げられています。
幼児の英語教育については、専門家の意見も賛否両論のようです。
幼児の英語教育は、幼児の吸収力の高さからいって、良質の英語教材を提供することが望ましいです。また飽きがこないように楽しく遊べるゲーム的なカリキュラムが受け入れられやすいと思います。
幼児教育は、子供にとって将来にわたり有益となるものを施すべきでしょう。英語教育であっても、その他の教育であっても、子供自身ののびのびとした成長を阻害しないことが大切だと思います。

国立小学校の受験

受験というのは、少子化の進む日本において、非常に関心の高い項目といえるのではないでしょうか。
本来小学校は義務教育なので、受験もなく入学できるのが一般的です。しかし「お受験」という言葉がありますが、子供にワンランク上の教育を受けさせたいと願う親も多く、受験してでも国立や私立の小学校に入れたいという考え方が広まってきています。
私立小学校の受験にせよ、国立小学校の受験にせよ、学校側は「特別な準備はいらない」とよくいいます。しかし、これを真に受けない親たちが幼児教育と称してあれこれと画策して、「お受験」熱がヒートアップしている現状があります。
国立小学校では、公立の小学校同様に文部科学省の指導要領に沿って授業をしています。国立小学校は、中学校の授業を先取りしたり宗教の時間があったりする私立の小学校と、この点が異なることを認識しておかなければいけません。
国立小学校の受験では、その子がどういった考えをもった親に育てられたのかということを、家庭教育の結果を見て判断し、その小学校に適応しているかという点をチェックします。
子供は正直なものです。国立小学校受験では、詰め込み教育や付け焼刃ではまったく通用しないといえます。それよりはむしろ、子供の日々の好奇心や積極性などをのばす家庭教育を土台とし、その上でペーパーテスト等の受験テクニックを教えることが必要だと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。