幼児向け通信教育の教材

幼児教育は親にとって大きな関心事です。「まずは家庭で手軽にできる通信教育から」と、幼児向け通信教育に興味を持つ方もいると思います。
幼児教育の基本は、子供と一緒に楽しめることです。子供にとって親が一緒に遊んでくれることは、最もうれしく安心できることです。幼児向け通信教育の教材を利用する際は、まず良好な親子関係を築くことが大前提で、その条件が満たされて、教材は初めて役立つ補助的なものという風に捉えましょう。
幼児向けの通信教育プログラムは、各社から様々な教材が出されています。大人の通信教育と異なり、お勉強というよりは遊びの要素が強く、「楽しく体験して学ぶ」というところに主眼が置かれています。
幼児の通信教育は、毎月(一回)の価格がリーズナブルなものが多く、毎月定期的に送られてくる教材を親子で待つという楽しみもあります。どの通信教育にするかを選ぶ際は、途中で定期購読をやめた時の扱いや、「全部買ったらどれくらいになるのか」などをきちんと確認しましょう。
幼児向け通信教育教材を扱っている会社から出ている商品の例としては、次のようなものがあります。
ベネッセ:こどもチャレンジ
学研:はなまるキッズ
小学館:ドラゼミ
旺文社:まいにちがたからもの
がんばる舎:すてっぷ
いちぶんのいち:いちぶんのいち
七田式教育研究所 主婦の友ダイレクト:七田式はっぴぃたいむ
全日本家庭教育研究会 ポピー:ポピッこドリるん
日本標準:ぴぴっと
どの幼児向け通信教育もそれなりに低価格ですし、それぞれの教材に特徴があります。また「お試し」ができる通信教育もありますので、実際に教材を手にして内容を確認するとよいでしょう。

トップ > 幼児教育 > 幼児向け通信教育の教材

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。